子供にGPSを付けて見守ろう
2021年10月24日

GPSシステム以前からビーコンはあった

スマホを使用している人なら、ほぼだれもがGPSシステムのことを知っているでしょう。スマホにはGPS機能というものが内蔵されているので、自分がいまどこにいるかを地図上などに表示させて知ることができます。このGPSシステムとは、宇宙空間にある通信衛星から発せられた電波をスマートフォンで受け取って自分が今どこにいるか、その位置を知るものです。だから屋外にあっては、地球上のどんなところにいてもその電波を受け取ることができるので、自分の位置確認ができます。

一方、GPSとは別のビーコンという位置確認システムがありますが、こちらは主に屋内で力を発揮します。ビーコンシステムはビーコンの電波を発する基地局をあちこちに建てて、その電波をスマホで受けて自分の位置を知ることになります。だから、野外よりもGPS機能が効かない大きな建物の中にたくさん同じような形のブースが並んでいるような迷いやすい屋内で力を発揮します。ビーコンは電源が入っている限り電波を送り続けるので、その電波が届く場所に居れば、その電波を拾ったという信号を発するため、その発信源の場所との位置関係が分かるため、自分の位置を確認できるというわけです。

じつは、ビーコンの歴史は古いものです。飛行機などにも搭載されていたため、もし基地との無線が途絶えたりしたら、この信号を頼りに基地へ戻ってきたという話が数多くあります。スマホの両機能も、使い分けることで、新たな機能も発見できるかもしれません。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です