子供にGPSを付けて見守ろう
2021年10月21日

GPSとビーコンの違いと活用方法

GPSというのは地球の衛星軌道上に存在する複数のGPS人工衛星から発せられる電波を受信して、地球上の位置を知ることができるものです。元々は軍用として開発されたものですが現在では民間に広く開放され、カーナビゲーションでの使用は最も有名ですし、スマートフォンなどでも地震の位置情報を確認するために採用されています。一方でビーコンと呼ばれるものは、省電力で近距離の通信を行うための企画であるBluetoothを用いた位置情報を知るためのもので、ビーコンから発せられる電波によって位置を知ることができるほか、少ない情報を発信することができるものです。いずれの方法についても、電波が受信できなければ利用することができません。

GPSの場合には地球上のあらゆる場所で利用することができますが、電波が届きにくい建物内や地下といった場所では正確な位置情報を知ることができなくなります。ビーコンの場合には、元々発せられる電波が弱いのでその範囲は数十メートル程度に限られるものです。このようなことから活用方法としてはビーコンはGPSを使うことができないような場所で位置情報を提供するために用いられるほか、小型で省電力ですから物体の位置情報を確認するために用いられます。いずれにしても現在の販売されているスマートフォンなどの情報端末ではGPSとビーコンを使うことができるBluetoothは標準で搭載されていますから、様々な場面で活用されるようになっています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です