子供にGPSを付けて見守ろう
2021年10月18日

GPSとビーコンの違い

GPSと言えば、位置情報を取得することができる衛星からの信号です。日本中でどこにいても利用できるので、車のナビやスマートフォンの位置特定などに活用できます。いまやどこにいくのでも必要とするようになり、なくなると非常に困るシステムの一つです。今後は自動運転などの技術にも適用されるようになります。

そのためデータの信頼性は高くなければ意味がありません。ビーコンも位置を特定するシステムの一つですが、目的が異なります。GPSと比べるとより細かな部分で活躍しているシステムと言えます。例えば在庫を確認するために、どこに置かれているかを判別できるのがビーコンです。

図書館などでも採用されているシステムで、探す時にはとても便利です。とても狭いアイエリアをカバーするために使われます。ビーコンは低消費電力の無線システムなので、GPSのような遠くにデータを飛ばすような機能はありません。目の届く範囲で通知することで、注意喚起を促す効果が期待できます。

また、どこに何があるかを把握することが可能です。今後は発信する場所を特定することで、屋内での道案内にも有効に利用することが期待されます。GPSはかなり広範囲で普及したので、知らない人がほとんどいません。電波が受診できるところであればどこにいても位置情報を取得できるのは、とても便利です。

特定の場所に行くことはGPSによってサポートがあり、屋内ではビーコンが案内するような連携的な使い方も増えていくでしょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です