子供にGPSを付けて見守ろう
2021年10月12日

GPSとビーコンの用途

GPSの受信機はいろいろなものに搭載されています。最初は車のナビゲーションに使われることで、一躍有名になりました。それまでは紙の地図を利用していた人たちに衝撃を与えました。その後小型化、軽量化されて今ではスマートフォンやスマートウォッチにも搭載されています。

変わったところでは、スポーツ選手に小型のGPS受信機を取り付けることで、行動の履歴を記録して、パフォーマンスの確認などに用いられています。ビーコンは小型の発信器から信号を受信することで利用できる位置情報取得システムです。探索型のゲームに使われたことで広く知られることになりました。利用者が気にすることはありませんが、その使い方を示すためには十分な宣伝になったと言えます。

その後ビーコンは図書館の本の場所を示すような目的や美術品までのルートを示すために使われるようになりました。GPSもこれからさらに利用される範囲が広がることが予想されます。例えば自転車などに取り付けて盗難防止につかったり、犬などの場所を知ることで迷子にならないようにするためにも利用できます。ビーコンについては、無人店舗での活用が始まっています。

商品を持ち出すことで自動的に会計が完了するようなシステムです。深夜の働き手がいないようなところでは、とても有効な手段と言えます。流通段階でのトレーサビリティーにも利用する機会が増えるかもしれません。配達する商品を追跡する時に役立ちます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です