子供にGPSを付けて見守ろう
2021年10月9日

GPSビーコンならば位置情報が把握できる

人の位置情報を確認するときには、連絡をとって確認するという方法がありますが、位置情報を確認したい人が気軽に調べることが出来る手段としては、GPSビーコンが存在します。位置情報を受発信できる機器をもたせることで、小さな子供の居場所を調べることができたり、高齢者などの身内がいる場合には、どこに移動しているのかなども見守ることが可能です。安全性を確保するために企業が作業員に持たせているというケースも多く、危険なエリアに入ってしまった場合には音を鳴らすことで注意喚起することも可能です。GPSビーコンの技術が使われるシーンとして、安全確認や所在確認などが挙げられますが、これら以外の使い方もあり、マーケティングや移動データの取得などでも使う方法があります。

GPSビーコンを調査対象の人に持たせて自由に行動させることで、休日はどこのエリアに行ったのかのデータを調べたり、お店に入店したときにはどのお店にどれくらいの時間滞在していたのかなどのデータも取得できます。流行などをチェックしたい場合や、人々の動きのデータを取るときにも応用されている技術であり、単にGPSビーコンといってもその使いみちは様々です。個人で使う場合には見守りサービスに使われることが多い技術でしたが、現代社会に置いてはIT企業や商品やサービスの販売戦略などに活用することも多く、技術の進歩によって今後GPSビーコンの活躍するシーンというのは増えていきます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です