子供にGPSを付けて見守ろう
2021年9月6日

様々な機能がある子供のGPS

共働きのご家庭で、子供が放課後にどのように過ごしているのかが心配だというケースが増えています。保護者自身が確かめられれば良いのですが、状況的に難しいこともあります。そのような時に便利なのがGPSであり、月々の費用は数百円程度から用意されていますので、費用負担も少なく気軽に導入できるのがメリットです。最近では種類も増えて機能も様々ですので、まずはどのような機能があるのかを整理して、その中から必要な機能を備えているものをピックアップするのがお勧めです。

基本的な機能として、保護者への通知機能には手動と自動の2種類があります。どちらもほとんどのGPSについているのですが、使い方はそれぞれ異なり、手動の場合にはGPS本体についているボタンを押すことで保護者に連絡を入れます。子供が困った時に使う以外にも色々な使用法があって、例えば外出していて用事が終わったタイミングで迎えに来て欲しい時に押すように伝えておけば、保護者は連絡を受けてからすぐに合流することが可能です。この場合は落ち合う場所をあらかじめ決めておく等のルール作りが必要ですが、そのあたりは各御家庭で話し合っておくと良いでしょう。

子供は好奇心が旺盛ですので、普段は踏み入れてはいけないと言われている場所でも、保護者の目が行き届かないと入ってしまうことがありますが、GPSの機能を利用すれば特定の場所に踏み入れたことも分かるようになっています。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です