子供にGPSを付けて見守ろう
2021年8月21日

GPSは子供を過保護にしてしまう恐れがあります

GPSは自動車や飛行機など、またスマートフォンにも内蔵されており、ひじょうに便利で役立つ機能であります。自分がいつどこを通ってきたのか把握できますので自分の行動を振り返るとき参考になります。また子供が携帯やスマートフォンを持って外出するさいは行動を把握できやすいため、行動履歴に満足あるいは安心する親が少なくないはずです。もし万が一のことを考えてGPSがあれば子供の無事を確認できますので一応安心できるのは無理のないです。

しかし子供のことをあまりにも意識しすぎてスマートフォンなどが行動履歴を把握する親も親です。神経質になりすぎて少しでも把握できなかったら逆に子供に家庭内暴力を振るうことも考えられます。どこでだれと何をしていたのか、といった意識tがしだいに強くなっていくのです。行動不明になるとそのことが逆に子供へ危害を及ぼすことになります。

つねにGPSを携帯されることになります。親との間にしだいに亀裂が生じるようになり非行に走らないともかぎりません。ですから親は行動を意識しないようにすることです。一度意識してしまうと元に戻ることは難しいので行動履歴を最初から意識しないことです。

だれででもプライバシーはありますし、意識をします。子にとっても本人のプライバシーは意識するものです。そこを親はしっかりわかってあげて、GPSの本当の使い道をしっかり自覚することが、家族や一人一人にとって大切なことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です