子供にGPSを付けて見守ろう
2021年7月24日

子供の見守りにGPSをつける

地域によっては必ずしも子供に対する見守りの意識が強くないところもあり、そのような環境では無関心になることも多く、子供が迷子になったり誰かにつれ去られることが起こった場合に問題解決が難しくなったり最悪の場合には解決ができなくなるということもあります。このような状況から子供を守る方法としては、GPS機能のついた追跡装置をもたせるというのもひとつの手段です。同じGPSによる追跡が可能なキッズケータイもその選択肢のひとつで通話も出来るというメリットもありますが、学校への持ち込みが禁止されている場合もありますし、そもそも携帯電話と同じ扱いですからコストも掛かってしまいます。このため単純に子供の居場所を知りたいといった場合には、GPSによる追跡機能をもった装置に需要があり現在では見守りグッズとして使われています。

GPS追跡装置のメリットは、キッズケータイと違って余計な機能が付与されておらず小型化されておりランドセルなどに取り付けることができます。費用は本体購入と初期事務手数料が発生しさらに月々の利用料が必要になりますが、安いものであれば本体価格は1万円前後で月々の利用料も500円までのものが多く携帯電話を契約するよりも費用は安くなるものです。一方で選ぶ基準としては、位置情報の正確さや便利機能などでGPSによる位置情報の発信回数が多いほどリアルタイムで、子供の居場所を知ることができます。また位置情報から特定の場所に到着した場合にお知らせしてくれる機能などもあり、これらを利用できれば常に監視するということをしなくて済むものです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です