子供にGPSを付けて見守ろう
2021年6月21日

子供用のGPS端末の必要性について

幼稚園まではバスで送迎されたり、両親が送り迎えをするので誘拐などの犯罪に会うリスクは少ないです。小学校に入学してからは、子供だけで通学するようになるため、犯罪の被害に遭うリスクが大幅に上がります。そんな時に便利な防犯グッズにGPS端末があります。子供用のGPS端末を持たせるメリットは、スマートホンを所持する事を禁止している小学校が多いからです。

さらにタダでさえ子育てにお金が掛かるのでスマートホンを買い与える余裕がない家庭もあり、お金持ちの家の子しか買ってもらえないからです。子供用のGPS端末は、スマートホンに比べて非常に安価なためどんな家庭でも買い与えやすいです。子供用のGPS端末は、所持している人間の居場所を把握するのに特化した端末です。持たせておけば、スマートホンの位置確認アプリを使ってその端末の所持者がどこに移動しているのかが分かります。

機種によって機能に多少の違いがありますが、どれもランドセルに入れても邪魔にならないコンパクトサイズが多いです。GPS端末を発売しているのは、大手の携帯電話キャリアが多いです。何故なら位置情報を表示するためには、端末を購入するだけでなくスマートホンのようにデータ通信契約をして月額料金を支払う必要があります。殆どの携帯キャリアの販売している防犯対策の端末には、位置情報を伝える機能しかないです。

だけど一部の端末には、追加学習AIが内蔵された物があり行動範囲から外れたら登録したスマートホンに危険を知らせてくれます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です