子供にGPSを付けて見守ろう
2021年6月18日

:現代の子供にとってGPSは必須

:核家族化が進み、学校が終わって自宅に戻っても兄弟がおらず、両親は共働きで帰宅するのが遅いという家庭が増加しており、子どもにとって第一の居場所である家庭に家族がおらず、夕食さえも一人で食べる子供たちが増えています。加えて自宅のある地域社会は高齢者が多く、公園に出かけても話し相手、遊び相手が見つからずに家族のダム化が帰宅するまで家庭で一人、留守番をせざるを得ない子供たち状況に置かれています。子ども自身がそのような環境の中で防犯を意識しながら寂しく過ごさなければならないのです。それは子供を家庭に置いて働かざるを得ない親にとっても心苦しいものであります。

保護者が仕事で会社などにいることを知っている子供は、何かが起こったとしても簡単に保護者に連絡を取ることが出来ず、遠慮しながらただ帰宅を自宅で待っているという現状が日本各地で見られます。保護者も家庭で一人過ごしている家族の安否を気遣いますが、そうそう密に連絡を取るわけにもいきません。GPSはそのような場面で活躍してくれる大きな味方となり、直接互いが会話できなくても「今どこにいるのか」が把握できるので、保護者にとっては相手の存在を確かめることのできる頼りになる機械です。GPSで家庭にいるのか、友人宅にいるのかが把握できていればそれだけでも安心材料となります。

最近の機能ではGPSの機能によって危険性を察知した場合、遠距離からでもブザーやサイレンなどで警戒音を発することが出来るシステムもあるのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です