子供にGPSを付けて見守ろう
2021年6月15日

GPSシステムと活用法と子供の安全確認

GPSはグローバル・ポジショニング・システムの略称であります。当初はアメリカ合衆国で開発された軍事用の技術であり、全地球測位システムとして民間利用されているのです。以前はロランCというシステム名で運用されていましたが、現在は後継のグローバル・ポジショニング・システムになっております。GPS衛星は約20、000kmの高度に浮かんでおり、現在は約30個の衛星を使って地球上をカバーしていると言われているのです。

電波が遮られない限りは地上のどこにいても受信が可能であり、地形に影響されないなどのメリットがあります。その代わりに地下に入ってしまうと電波が遮断されてしまうために、監視システムの効果がなくなってしまうという特徴があるのです。子供にGPSを持たせるのは利便性の高いことになりますが、電波が届きにくい建物内や地下などに入ってしまった場合には現在地を把握出来ないということを覚えておくことが重要になります。スマートフォンに付属しているGPSならば、衛星システムだけではなく電話の電波も併用しているために、地下でも一の把握が出来ることがあります。

子供は大人では想像もつかないような柔軟な発想を持っており、行動力は高くなっているという特徴があります。行動半径は狭い物の好奇心が強いので、狭い隙間や面白い場所などを見つけて遊びます。工事現場などは重機があり危険なため、子供がGPSを持っており危険な場所に入ってしまったら注意が必要です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です