子供にGPSを付けて見守ろう
2021年5月18日

子供用GPSの機能と選ぶ際のポイント

近年では小学校入学前に、子供の安全を考えてGPSを導入しようと考える親が急増中です。とはいえいくつもの商品が発売されていて、機能や金額も異なるため、主な機能や選ぶ際に注目したいポイントについてしっかりと把握しておくことが求められますまず最初に何よりも重要なことは、子供の外出中に現在位置が把握できることと言えるでしょう。保護者が確認する際には、スマートフォンから現在地をマップ上で確認することになります。基本的にはGPS衛星を活用した上で位置を把握することになりますが、時間や場所によっては本来の位置からずれてしまうことも考えられるため、頭に入れておくようにしましょう。

子供用GPSの位置情報は、一般的に携帯電話回線を利用することになりますが、各キャリアの電波を利用することから、毎月の利用料が発生することになります。その際に3G通信、4GLTE通信を選ぶことになりますが、これらの違いについても押さえておきましょう。3G回線の場合には日本中ほとんどのエリアがカバーされていて、室内などでも繋がりやすいのが特徴です。通信速度が遅く、今後数年でサービスが終了する可能性も考えられます。

一方で4GLTE通信の場合には、通信速度が速くサービス終了の予定もありません。とはいえ山間部や一部地域などカバーされていないエリアがあり、建物内などは繋がりにくいでしょう。通信速度についてはあまり気にしなくても良いかもしれません。住んでいる地域で4Gの電波が入らない場所があるのであれば、3G回線を選んだ方が良いかもしれません。

その他にも更新頻度の細さや保護者への通知機能、移動記録などもしっかりと把握しておくようにしましょう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です