子供にGPSを付けて見守ろう
2021年4月30日

子供にGPSを持たせるのは常識に

子育てには、さまざまな気苦労があるものです。学校が終わっても、どこで何をしているのか心配になって携帯電話を持たせてついつい電話をかけてしまったりします。ただ子供の方は遊びに夢中になっていて、電話に気づかなかったり無視してしまうことはありがちです。そこで子供がどこにいるその所在がわかればだいたいのことは察しがつくので、携帯電話のGPS機能をフル活動して子供の行動を把握しようとする両親が多くなりました。

GPS機能は親にとって強力な味方になってくれています。その場にいなくてもほぼリアルタイムで現在いる子供の行動を予測できたりもするため、親の安心度も大きくなります。そのため、携帯電話を持たせるとどのようなことに使っているのか、他のことまで心配なるケースなども出てきています。そのため、学校で子供が携帯電話を持つことを禁止しているところもあるのです。

そこでGPS機能だけを利用する目的だけのため、GPS発信機だけを持たせるといる両親も増えてきています。この発信機ならば登山の時に持って行っても荷物にならず、高齢の人も自分で操作する必要がないので何かと安心です。さまざまな利用法があるので人気もあるのですが、最近ではさまざまな機能が付きすぎということを指摘する向きもあります。わが子に持たせるには余計な機能は必要ないと思われがちですが、逆に指定の外に出たら知らせてくれる気のきく機能を搭載したりしているうれしい機種などもあるようです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です